読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

産業におけるVR

www.moguravr.com

この記事から、抜粋していきます。

 

「産業用のVRには、医療向けの市場がある」

手術のシミュレーションができるようなものが、出来つつあります。

ソフトウェアの品質にも左右されてはきますが。

医療分野だけでなく、

職業特有の特殊技術などの訓練が安価で可能になってきます。

 

フルダイブVRにおいても、様々な側面から見て、

医療分野が最初のターゲットになってくると考えています。

 

現状の段階から、VRと医療の結びつきが行われ、

そういった機器を使用するにあたっての、

金銭的・心理的ハードルが下がってくれれば、と思います。

 

「VRでAIの先生になるのが面白いのでは?」

私も同感です。

他人に教えることで、自分の考えが整理されたり、

新しい発見があったりしますよね。

人間性を育むことも期待できそうです。

 

教育とVRをどう結び付けるか、最近は考えていますが、

如何せん、機器本体が高いことがネックですね。

ただ、それは時間が解決してくれると思っているので、

問題は、教育現場で使用したいと思えるぐらいの、

高水準な、ソフトウェアの開発ですね。

 

「VRは魔法のようなもの」

まさしく、VRの可能性を体現した、言葉ですね。

非日常的な体験から、日常的な動作の簡略化まで、様々なことが行えるわけです。現状のVRでは、まだ不十分ではあるものの、フルダイブVRまで成長を遂げれば、間違いなく、世界は面白くなると思っています。

 

www.moguravr.com

また、ソニーが、ノンゲームビジネス領域も視野に入れているようで、

これが実現すれば、普及への大きな一歩になるのでは、と期待しています。

 

 

それでは。