読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

alive2016に行ってきました。

f:id:vr_Akihito:20160704212717j:plain

 

こんにちは。

先日、2日(土)に行われた、Live2D社主催の、

「alive2016」に足を運んできました。

 

内容としては、同社のソフトである、「Live2D」を使用したコンテンツの展示解説を始め、ウェブカメラでアバターになりきれる、「FaceRig」、それから期待が高まる、新ソフト、「Euclid」の経過についてお話があったりしました。

 

デザイナー向けのイベントですね。

 

実際に書いた絵をデータ化できるというコンセプトなので、

かなりクオリティは高いものになってました。

 

VRとの親和性も高いように感じましたね。

二次元のキャラをゲームに登場させたりするのであれば、Live2DやEuclidを使用すると、良いものが作れるな、と体感できました。

 

イベント自体の満足度も高かったですが、

ある意味で、私の目的はその後の懇親会にありました。

 

今でこそ、アグレッシブになってはきましたが、

以前は本当に初対面の人が苦手でした。

 

後半は、既に何人かで話してるところに行って混ぜてもらったり。

前半は、一対一狙ってました(笑)

 

その成果もあって、色々な人とお話することができました。

 

実際にコンテンツを作っている人から、

お話聞くのはとても刺激になりました。

 

自己紹介がてら、VR業界で起業します。って伝えまくってました。

 

多くの人は、「おぉ!すごいですね!」

って反応をしてくれるんですが、、

 

実績残してる人からすると、

「あぁまたか」みたいな反応だったんですよね。

 

そのとき、ふと思いまして。

 

やっぱり、

実践

していかないと、意味が無いなと。

 

考えたり、言ったりすることは、ハードル低いんですよね。

誰でもできるかもしれない。

 

でも、それを実際に行動に移して、結果を残す。

この一連の流れが、非常に難しい。

 

人脈広がったのも収穫ですけど、自分の身を引き締める体験が出来たのが、

本当に大きかったなと思っていて。

 

そのあと、すぐにコミュニティのメンバーに話を持って行って、

プロダクト作れる人来てくれ!って感じで今やってます。

 

詳しくは、別の記事で書きますが、

SAOを実現させたい、

エンジニア、デザイナーの皆さま、ご連絡お待ちしてます!

 

Twitter

@Aki_VRMMO