読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

ZERO LATENCY VR 体験してきました。

f:id:vr_Akihito:20160721170044j:plain

 

こんにちは。

昨日、20日(水)に、

「あおぞらVR」さんの取材に同行して体験してきました。

entamevr.com

実際にVR空間上で歩けるだけで、こうも快適で面白いのか。

と、そういう印象ですね。

 

VR ZONEのコンテンツも面白いものばかりでしたが、

ZERO LATENCYはその上をいくものです。

 

ただ、所々、残念なところもあるので、

それも記載していきます。

 

〇良かった点

VR上で歩き回れる(16.8m x 16.8m)

2階に上がれる(実際のフィールドは平面です)

ボタンで銃の変更ができる

装備と銃の重さがリアル(装備が4kg、銃が2kg)

アテンドが上官という設定(上官っぽく作戦説明してくれます)

壁や、プレイヤー同士が近づくと警告が表示される

プレイヤー同士が、VC(VoiceChat)で繋がってる

 

〇悪かった点

VC(VoiceChat)に致命的なラグがある(3秒くらい)

残弾表示が無い

武器名がない

自動小銃などの括りのみ。ライセンスの問題だろうけど)

スナイパーライフルでポンプするのは違和感がある

(ショットガンのリロードと同じ)

近距離のゾンビを殴れない

初見で1800円は高いかも?

マップ表示が無い

 

まとめ

今回は、本来6人プレイのところを4人でやりました。

2階から、スナイパーライフルで狙撃しようと思ったんですが、

他の三人が下で戦ってたので、後半はゾンビにボコボコにされました笑

細かい改善点はたくさんあるものの、終わったときには、満足できますね!

1800円は、VR好きの人には、低いハードルだと思いますが、

全く知らない人が体験するってときには、少し高いかなって気はします。

ただ、こんな体験できるのは、ここしかないのです!

そのうち、PvPもしてみたい。

また機会があったら体験しにいきます!

 

それでは。