Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

脳波計搭載HMDを作ろうとしていた。

Neurableから

「HTC Vive」向けのBCI(開発キット)が発表されましたね。

 

gigazine.net

 

これまさに、創業当時の僕がやろうとしていたことでした。

 

ソードアート・オンラインのような、世界を実現させる為には、

「脳波」の研究が必要不可欠だと考えています。

 

あの世界の大きな特徴は、「脳に信号を送る」ことにあります。

 

視覚、聴覚、味覚などは、眼や鼻、舌を通していますよね。

それも最終的には、脳に信号が到達して処理されているわけなので、感覚器官を通さずとも、直接、脳に送っても同じであると。

 

それがフルダイブであり、SAOがSAOたらしめる理由だと思っています。

 

信号を「送る」ことは既存技術では不可能に近いので、その前段階となる、

信号の「読み取り」を確立するべく、脳波計搭載のHMDを作ろうとしていました。

 

考えるだけでゲームの操作ができたりしたら、近付けるのではないかと。

 

ただ、行動していくうちに、

HMD自体は、「Oculus」「HTC」「FOVE」等から出ていたので、自分たちがやる必要はあるのかと。

 

一番の核は「脳波解析」にあるよね、という結論に至り、

この計画はストップさせました。

 

なので、Neurableの発表を聞いたときに、

心底、やってなくてよかったな、と思いましたね笑

 

今はソフトウェア開発方面に注力しています。

そこに関しては、またブログやTwitterで話していきます。

 

メンバー募集もしているのでぜひぜひ!

 

それでは!

悠然たれ。

こんにちは。Akiです。

 

ここ1~2ヶ月で考え方や行動が大きく変わったので、

ブログにアウトプットすることにしました。

 

資金調達に対する考え方

多くのスタートアップが一度は考えることだと思います。

「投資を受けるかどうか」と。

自身もずっとそこに対して迷いがありました。

 

色々な人に聞いてみても、

ベンチャーはリソースを分散させちゃいけない

・自分たちが生活できるぐらいは稼いでおけ

と、言うことが人によって全然違うわけです。

 

一体、どの言葉を信じればいいのか。

 

さんざん考えましたが、結局は自分がどうしたいか、でしかないのだと。

 

自分の性格や、会社としての方針、ビジョンなど。

ひとつずつ照らし合わせて考えた結果、

しばらくは自己資金で回していくことにしました。

 

この辺の理由が気になる方がいれば、また別記事で書きます。

 

会社としての方向性

自分がなぜ会社をやっているのか、自分である必要があるのか。

とか、色々考えてひとつ分かったのは、「世界を変える」みたいな、崇高な考え方は自分にはないんだな、ということ。

 

僕が創業しようと思ったのは、SAOに出会い、あの世界に行きたいと思ったから。

根底には、「自分が行きたい」というのがある。

 

ただ、その上で僕と同じく、あの世界に行きたいと思っている人がいる。

 

そんな人たちも一緒に喜んでくれるのなら、それでいいんだと。

 

そして、あの世界に行く為には、SandBoxの力だけでは不足している。

 

だから、あらゆる企業や人を巻き込む必要がある。

 

「脳波」の分野自体は、昔から存在している。

だからこそ、大企業は一通り、研究はしていると思っている。

 

でも、今の世の中に、「脳波を使った面白いこと」って無い。

 

大企業がことごとく、躓いた分野ではあるけど、敢えて挑戦をしていく。

 

そして、小さいことからでも「面白いこと」を世の中に出していく。

 

そしたら、「あの会社にできるなら自分たちにでも出来るだろう」

と考える会社が増えればいい。

 

脳波の研究が進んでいって、最終的にはフルダイブ技術の研究も活性化するだろう。

 

面白い世界がそこにはある。

GalaxyStudioに行ってきた。

こんにちは。Akiです。

先日、原宿にある、「Galaxy Studio Tokyo」にお邪魔してきました。

色々なVR体験施設に行ってきた僕が見てきたものをお伝えします。

f:id:vr_Akihito:20170615170338j:plain

原宿駅から、徒歩10-15分

明治神宮前駅から、徒歩5分ほどの場所にあります。

特に迷うこともなく到着。

 

11時オープンと同時ぐらいに着きましたが、既に15人ほどは居ました。

早速、アテンドさんから、「GalaxyStudioTokyo」の説明が入ります。

各階、どういう展示や体験があるか、

スタンプを〜個集めると、何がもらえるか等。

 

それらの説明を受けたあとは、自由に行動できます。

 

ここで、僕は女性の多さに気付きます(笑)

以前から、VR施設にはカップルが多いことは見聞きして理解してましたが、女性同士のペアとかは比較的、珍しいのではないでしょうか。

渋谷とはまた違った客層ですね。

 

f:id:vr_Akihito:20170615170345j:plain

VR体験は並ぶのが常なので、真っ先に行きました。

遊ぶコンテンツを選べないシステムなので、その点は注意です。

 

僕が当たったのは、アクロバット飛行のコンテンツでした。

映像に合わせて、座席が逆さまになったりと、なかなかハードでした(笑)

絶叫系のアトラクションとか、乗り物が苦手な方は注意が必要ですね。

 

アテンドさんにオススメを聞いたところ、マウンテンバイクのコンテンツだそう。

360度を見渡す余裕があるので、VR空間を堪能できるらしい。

(選べないけど笑)

 

ここで思ったのは、アテンドさんのレベルが高いなと。

VRに対する知識を始め、盛り上げ方などなど。

 

特に印象的だったのは、女性への配慮です。

スカートで行っても、ブランケットやスウェットを貸してくれたりします。

こういうことが、当たり前にさっと出来るのは素晴らしいですね。

 

さすが、Samsung!笑

f:id:vr_Akihito:20170615170355j:plain

そして、超インスタ映えするドリンクの販売が行われてます。

(これがお客さんを呼ぶ秘訣か!笑)

 

Twitterフォロー&RTか、インスタでフォロー&写真UPすると、

無料でプレゼントされます!

 

f:id:vr_Akihito:20170615170401j:plain

見た目もいいし、味もおいしかったです。満足満足。

 

一息ついて、Galaxyの新作展示も見て周りました。

新機能の体験、Galaxyを水没させる体験、360度カメラの体験など。

 

それらを終え、スタンプをためて、外の特別スペースにある、

多人数シューティングのVRをプレイ。

待ってる人への、日傘提供なども行われていて、ここでも感動しました。

 

少し気になる部分はあったものの、全体的に満足できる場所でした。

7月3日までやってるみたいなので、一度足を運んでみるといいかもです。

何より、無料で楽しめるというのは素晴らしい。

 

【まとめ】

アクティブなコンテンツが多い!

ドキドキのスマホ水没体験が出来る!

インスタ映えは強い!

アテンドさんのレベルが高い!

 

それでは。