読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

欲しい人財のおはなし

Twitterでブログ記事の案を募集したところ、

 

SandBoxではどんな人財が必要ですか?

どんな学部学科ですか?

といった話を記事にしてほしいという要望を受けたので、今回はその部分について書いていきます。

 

まず、うちは創業して間もないので、そもそも何をする会社なのか知ってる人のほうが少ないと思うので、最初はそこについて書いていきます。

 

「SandBoxは何をする会社か?」

一言で言えば、脳波とVRを繋ぐ会社です。

最終目標は、人間に備わる感覚器官(目、鼻、耳などの五感)を介さず、脳に直接、電気信号として送れる世界です。まさに、ソードアート・オンラインのようなフルダイブ世界ですね。

 

まずは、脳波計搭載型のHMDを開発していきます。脳波でVR内操作を完結できるレベルまで持っていきます。

 

ただ、HMD製作にも段階があります。

初期はプロトタイプとして、脳波の可能性を示す必要があると思っていて。それは、イメージをするだけでゲーム内のキャラクターを前後左右に移動させることができるようなレベルです。

 

それを踏まえた上で。

 

「どんな人が必要?」

 

エンジニアに尽きると思います。

定義としては、広域的で、

取得した脳波データを元に実際の操作(前後左右など)に変換する作業や、取得した脳波データにはどういった意味があるか、といったデータサイエンティスト的側面も含まれます。また、アプリケーション開発、アルゴリズムの確立、AIや機械学習などの方面まで関わってきます。

 

後々には、回路設計、アートワークなどの電気設計ができる人も必要ですが。特にメーカーなどで量産を経験した方は連絡お待ちしてます!

 

他の部分だと、財務、人事などですね。

英語や中国語が使える方は大歓迎です。

 

目下、プロトタイプ製作なのでエンジニアの優先度が一番高くなっています。

 

学部学科としては、情報・工学・理工学辺りになると思います。

 

興味がある方はぜひ一度、お話しましょう。

創業しました。

 

こんにちは。

Twitterを見てくれた方は分かると思いますが!!

ついに、創業しましたー!!!

 

株式会社SandBox

 

です!!!

ブログでのご報告が遅れてしまって申し訳ないです。

 

きちんと社名には想いをこめてるので、その辺りは追々!

 

自分と共同創業者、それともうひとり、エンジニアが居ます。

今では、3人しかいない小さな会社ですが、これから成長していければと思ってます。

 

今後とも宜しくお願いします!!

クレイジー

クレイジー

こんばんは。

少しずつ、周辺にクレイジー(良い意味で)な人が増えてきてます。

一般常識なんて無いし、固定概念もない。

通常の思考プロセスではない形でアウトプットされていきます。

 

どういった経緯でそうなったのか、気になるところではあります。

当人はそう思ってないのかもしれませんが(笑)

実際、僕らのようにフルダイブ技術実現を目指すということも、

傍から見れば、クレイジーなんでしょうし。

 

結果が出てる人には共通点がある気がします。

より多くを吸収していきたいですね。

「普通」の範疇では、「普通」のものしか生み出せないのでしょう。

 

それでは。

来月

来月の17日を目処に登記します。

もうやるしかない。

ナーヴギア(フルダイブ)を実現させるために、

一発目から大きなプロダクトを狙っていきます。

 

メンバーの募集も順次、開始していくので基準などが決まったら、

改めて告知していきます。

 

出先からの更新なので簡単に。

それでは。

出来ない理由ではなく、出来る理由を考える。

出来ない理由ではなく、出来る理由を考える。

こんにちは、Akiです。

今日のテーマ、これ非常に大事だなと思っています。

 

起業するんだって人に対して、もっと勉強しろとか、

お前に出来るわけないとか、そういう話ってよくあるんですよね。

僕もなんですけど、結構、鵜呑みにしちゃう人、しそうな人っていると思うんです。

 

起業に限らず、何かしらの目的があって、

その道を進むと決めた人の前に現れる壁なのかなと。

 

出来ない理由って挙げたらキリがないんですよ。

学歴が無いとか、技術がないとか、お金がないとか、仲間がいないとか。

それを考え始めてしまったら、どんどん出てきて、

やっぱり自分には無理なのかなって気がしてくるんですよ。

 

自分に都合の良い言い訳が出てきちゃいます。

 

「〇〇が無いから、仕方ないよね」

 

になるんです。

じゃあ、その「〇〇」があったら出来るの?って話。

恐らく、僕は難しいかなって思います。

それが無いと出来ないなんてことは、

自分が行動してないことへの正当化であって、本質はそこではない。

〇〇があれば出来るんだよって思いたいだけ。

無いから出来ない、故に自分が行動していないのは、「仕方ない」になるんです。

 

これに気付くまで、僕も時間が掛かりました。

 

対策としては、「出来る理由」を考えることだと思います。

一見、自分ではマイナス要素だと思っていることも、

実はプラス要素に変換できたりします。

 

経験無くてもいいじゃないか。固定概念ないんだし。

その分、クリエイティブな発想できるんじゃないの?って。

独立の経験なんて、独立しないと身に付かないわけで。

 

だから僕は精一杯、出来る理由を考えました。

今まで振り返って、こんなことをしてきたな、こういう能力あるな、これだけ仲間に恵まれてるな。そして、フルダイブを待ってる人がこんなに居る。

それなら、やらない理由はないよなって。

 

来月、ドカンと発表がありますよ。

 

それでは。

 

 

出る杭は打たれるのか。

出る杭は打たれるのか。

こんにちは、Akiです。

Twitterでも呟いてましたけど、少しばかり弱気になっていたようです。

 

僕はゲームが好きです。

特に相手が一人の人間(プレイヤー)なゲームです。

いわゆる、対人戦というやつ。

 

ファンタジーなMMO系も、世界観が好きだったりするので、一時はハマったりするんですが、そのうち単純な作業が嫌になって続きません。

 

そういった、経験も踏まえていくと、僕が好きで尚且つ続くのは対人戦なんですね。

相手も人間ですから、思考があります。

「相手はこう考えるだろう」

「じゃあ俺は裏をかいて、こうしてみよう」

その結果、上手くいくと、エンドルフィンあたりが分泌されます(笑)

上手くいかないときも、もちろんあって、そのときは徹底的に考えます。

 

レベル制があるゲームでは、レベル高ければ強いのは当たり前なんですよ。

だから、そこに意味は見出せません。

 

でも、レベルなんて概念が無く、全てが技量で決まる世界なら話は違う。

自身の練習量、思考プロセス、メンタル。

それらの様々な要因が絡み合って、結果という形でフィードバックされる。

それが堪らないわけです。

 

昔から、そういうゲームが好きでコツコツと続けていた僕に、

ようやく目に見える結果が表れ始めます。

 

自分より少し強いぐらいの人を捕まえて、一緒にプレイしていきました。

良い部分は吸収して、自分のほうが上手いと思うところは磨きを掛ける。

その結果、僕がプレイしているゲームのなかでは、アジア全体で見ても、頭角を現す、ぐらいになったわけです。

 

僕は自分の技術に自信を持っていました。

部分的に見れば、日本国内だったら誰にも負けない、と思っていたこともあります。

多くの人から賞賛され始めた僕は、SNS上でも自信に満ちた発言をしていくことになります。そこで初めて、いわゆるアンチが出てきました。

 

僕個人が何か言われるのは別に構うことはないのですが、

その矛先がチームに向くのは耐え難いものがありましたね。

 

それからどんどん、仕事も貰うようになり、猶更、発言面には気を使わなくてはいけなくなりました。それが回るに回って、少しずつ自信が無くなったのかな、と今は思います。

 

つい先日、僕がお世話になっている起業家の方と、skypeをしました。

その方は、自分と自分のチームには絶対の自信を持て。事業のプレゼンをして、くだらないことを言ってくるほうがアホだと思え、と。

 

ここで僕は久々に当時の感覚が蘇ってきました。

一部の人に、批判されても自分の技術に絶対の自信を持っていましたから。

ちょっと弱気になってたなーって。

 

日本は、出る杭は打たれるという文化があります。

当時を振り返っても、確かに批判はありますけど、それ以上に好いてくれる人のほうが多かった気がします。

 

自信を持って事に取り組み、批判されても信念を曲げないその姿勢は、

心を打つものがあるのかもしれません。

 

というわけで、感覚を少しずつ取り戻しつつあるので、これからも頑張っていきます!

突き抜ける。

突き抜ける。

多くの人に話を聞くなかでようやく、方向性が決まりました。

変に知識が入ってしまうと、逆に踏み出せなくなるもんですね。

先にあるものが見えてしまうと恐怖を覚えるというか。

それならいっそ、知らないほうが突っ込めたりしますね。

無知も危ないとこはありますけど、、笑

 

というわけで、来月中には登記しようと思います!

うちのビジョンに共感してくれて、手伝ってくれる人にきちんと還元できる環境も整えていきたいですし。

 

また情報発信の体制をしっかりしていきます。

軽い文章の日もあるとは思いますが、最低でも3日に一記事は上げていきます!

 

ではでは~!