読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

#2 フルダイブ実現という夢

フルダイブ実現という夢

以前、ニコニコ動画のブロマガでも、同じような記事を書きましたが、

それから時が経ち、今の考えなんかも交えながら、整理していこうと思います。

 

ch.nicovideo.jp

フルダイブという夢を抱いた理由

僕が生まれたのは、1994年。

当時は、初代のプレステーションが発売され、

ノートパソコンも一般家庭に普及してきたようなときでした。

ネット上では、「フラッシュ」が絶大な人気を誇っていましたね。

そんな背景もあって、小学生の頃から、パソコンに触れ、

毎日ゲーム三昧の日々でした。

 

高校生になったぐらいに、久々に会った友人に紹介されたのが、

ソードアート・オンライン*1

でした。

今のVR界隈では、知らない人は居ないレベルの作品ですね。

世界観の解説は割愛します。

 

この本を読んだときに、僕は大きな衝撃を受けました。

もともと、ゲームが好きだった僕は、その世界に行きたいと本気で思いました。

ただ、当時はVRという言葉すら無く、知識もない状態だったので、何をしたらいいか、全く分からなかったのです。

 

しかし、周りの友人に聞いたり、自分で調べていくうちに、こんなことをしようとしている企業が無いということに気が付きました。

研究者も、お金を貰わないと生活ができませんからね。

それだったら、自分で作ろうと考えました。

 

ブロマガで、自分の考えを発信した結果、

15万PVほどまで伸び、同じ志を持つ仲間が多く集まってくれました。

その経験がフルダイブ実現という途方もない夢への、可能性を示してくれました。

 

それからというもの、フルダイブ実現を目指す企業を作るため、様々な知識を入れてきました。既存の技術では難しいことから、一歩ずつ段階を踏んでいくことが必要だと考え、先日の記事に繋がってきます。

 

VR空間上で、走り回って、モンスター倒して、レベリングして、装備揃えて、

パーティー組んで、毎日楽しみたいじゃないですか!

 

僕自身がそんな世界を創りたいというのが根底にあって、その過程で同じ夢を抱いている人が沢山居るわけですから、その人たちも笑顔になってくれたらいいな、と思って、今日も一歩ずつ進んでます。

 

akihito-vr.hateblo.jp

written by Aki