読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to FullDive

フルダイブ実現までの道

VRハードは厳しいのか?

「VRハードは厳しいのか?」

 

以前の記事…

akihito-vr.hateblo.jp

ここでも書きましたが、初っ端から、VRハードを作ろうとしてます。

現状の日本では、ソフトウェア側ばかりが先行していて、

ハードウェアというのは、殆どありません。

 

ハードウェアと言えば、Oculus、HTC Viveが既にあって、

その他、OSVRなどから、最終的には、PSVRやFOVEもあります。

 

それらの製品の間に、国境という概念は存在しません。

どこで作られたものにしても、世界的に出荷されてます。

 

つまり、ハードウェアを作るのであれば、

世界と戦う道は避けられないということですよね。

 

イデア自体は、まだまだ出てきてはいないものです。

HMDBMIの融合…。

スイスにある、某企業が医療分野重視で、

開発しているという情報はあります。

 

その企業を除けば、世界的に見ても、存在しないのではないか。

と思っています。

 

間違いなく、脳波でデバイスを操作する、という時代は来ると思っています。

ただ、現状でそれを欲しがるユーザーがどれだけいるか。

 

また、脳波をコントロールできる人がまだまだ少ないというのも、

問題点として挙げられます。

 

「脳波」で一体何が出来るんだろう?

って考えてるんですよ。

 

現状は簡単な操作しかできないでしょう。

 

例えば、VR上で本を表示させて、そのページを捲るとか。

 

でもそれって、

ページを「送る」脳波と、「戻す」脳波って同じなんじゃないか。とか。

 

人間が生活において、意識するものは、脳波に違いとして現れます。

逆に、無意識で行う行為については、判断が難しいです。

腕の左右は認識できても、足の左右は認識できなかったり。

 

そんな問題点がありながらも、そういう世界を欲してます。

 

ゴールは同じでも、それに至るまでの道は複数あるな、

と今は思っています。

 

世界と如何にして戦うか。

それが非常に難しいですね。

 

まだ、自分自身、この世界に完全に踏み込んだわけではなく、

片足を突っ込んでるみたいな状態なので、

実際には分からないことだらけですが、

日本の環境自体が難しいという声もよく聞きます。

 

だからこそ、米国で作ってる企業もあるわけで。

 

何とか、実現に漕ぎ着ける策を模索していきます。

 

それでは。